中華料理の味わい方

中華料理の味わい方

中華料理のレシピに必要な物

中華料理にチャレンジしようと思う場合、どんな調味料が必要でしょうか。レシピによって違いますが、基本的な調味料として鶏がらスープの素や中華系の粉末だしです。これが入ることで簡単に中華料理を作ることができます。他にもにんにくやしょうがとねぎは中華料理にかかすことができません。中国や台湾の多くの家庭ではこの三つの薬味が常備されています。さらにはごま油もあると中華風の味が出せます。中華料理をおいしく作るためには、良いレシピを探すことがポイントです。ネットにはレシピがたくさんありますから、その中からだれにでも簡単につくれるレシピを参考にするなら、おいしい一品を作ることができるにちがいありません。初めて作る場合は分量などを忠実に守りましょう。慣れてきてから、自分好みの味に調整する方が成功します。また炒め物などは強火で作るものが多いので、強火にも対応できるフライパンを用意する必要もあります。テフロン加工のフライパンだと強火で使えないので注意が必要です。

ふわっふわ!中華料理屋さん風かに玉レシピ

あんかけたっぷりのかに玉が熱々のご飯に載った天津丼は、中華料理屋の人気メニューの一つです。でも、自宅で作ると卵が何だか座布団みたいに固くてバサバサした仕上がりになってしまいませんか。そこで、かに玉が誰でもふんわり焼けるとっておきの裏技を教えます。コツは卵に「とあるモノ」を加えるだけ。ここでは簡単に、市販のかに玉の素を使うレシピで紹介します。もちろん本格的にご自身で味付けする場合も同じ方法でふんわり焼けますよ。分量は四人前。 .椒Ε襪僕顳瓦弔魍笋蠅い譴突呂、千切りの筍100gを加え混ぜる。■韻法敍ι1/2丁】を加え形がなくなるまで崩す。さらにネギ1本の青い部分の千切りを加え、かに玉の素も加えて混ぜる。ぅ汽薀戚小さじ1を引いた強火のフライパンに3を一気に流し込み、フライ返しで3〜4回大きく混ぜ丸い形に整え、弱火にし5分ほど茶色い焼目がつくまで焼く。大皿にフライパンを伏せてひっくり返し、皿から滑らせるようにして再度フライパンに戻し、裏面を弱火で2分ほどサッと焼き焦目をつけずに固める。再び皿にフライパンを伏せて(焼目のない側を上に盛るため)取り出し、添付のあんをかけて完成。 豆腐の保水効果で、箸でサッとほぐれるかに玉に! 一枚で焼くレシピを紹介しましたが、四枚に分けて焼いてもよいです。このかに玉を熱々ご飯に載せあんをかければ、中華料理屋さんで出てくるような美味しい天津丼の出来上がりです。

recommend

徳島市にある歯科

最終更新日:2017/12/1